平野区限定情報サイト ひらのの.com
やったぜ!平野のKIDS!!
第31回世界バトントワリング選手権大会にて世界3位、銅メダルを受賞!


藤井愛選手(平野区在住・スタジオキャッツアイ所属)
2012年の夏、英国で開催されたロンドンオリンピックに世界中の人々が熱狂し、感動したことはまだまだ記憶に新しいところ。 その英国とイギリス海峡を挟んだ先にあるフランスでもロンドン同様に熱い戦いが繰り広げられていたのだ。



それは、去る8/2〜8/5にフランスのパリにて開催された「第31回世界バトントワリング選手権大会」である。
同大会へ、日本代表として平野北中学校3年の藤井愛選手(15歳)が出場し、見事!個人女子ジュニア部門で世界3位、銅メダルに輝いたっ!!
藤井選手は2年前の「第35回全日本バトントワリング選手権大会」にて全国1位(小学生の部:ダンストワール)の快挙を成し遂げ、当サイトでも紹介した注目選手だ。
当時、藤井選手が平野から全国へ、いや世界に羽ばたくアスリートになる日も近いかもっ!?と紹介したことが早くも現実のものに!
藤井選手を指導する東尾宜子さんは「研ぎすまされた技をもち、芸術性のある表現力、世界の頂点を目指せる選手」と話す。
来年、オランダで国際大会が開催されるとか。
藤井選手は高校受験を控えているが「日本代表として出場できるようがんばります!」とバトンと学業との両立を目指し、日々練習に勉強に励んでいる。
今後とも、藤井愛選手のますますの活躍に目が離せません!!



《スペシャルインタビュー》


Q.バトンは何歳から始めましたか?
A.小学2年生、8歳から始めました。

Q.バトンをはじめたきっかけは?
A.テレビアニメのコメットさんを見て、バトンをクルクル回しているのがとても不思議で素敵だなと思い、いつか自分もやってみたいと思ったことがきっかけでした。

Q.バトンの魅力は?
A.バトンが、体の一部のようになり、くるくる回せたときやたくさんの難しい技もあり、何度も何度も練習し、できるようになったときはとても楽しいです。
年齢や男女を問わず、個人でも、団体でも、また競技大会やパレードでもいろいろな場面、メンバーでも楽しめることです。表現力や芸術性も求められるスポーツであることも魅力です。

Q.練習時間はどれくらいですか?
A.平日3時間、休日は6時間位です。

Q.どこで練習していますか?
A.平野スポーツセンターなどで練習しています。

Q.初めての世界大会で、メダル獲得の感想は?
A.初めて参加で、大会会場の雰囲気も日本とは違い、特にフランスの方の応援は、耳鳴りがするほどすさまじく、びっくりしました。緊張もしましたが、これまでの練習、自分を信じて、楽しもうと演技し、ファイナルではノードロップでやりきることができました。かなりの接戦でしたので、メダルが獲得できてとても嬉しかったです。

Q.今後の目標や将来の夢は?
A.バトントワラ−としてもっと多くのことを学びたいです。
バトンを通して色々な人と出会いたいとも思っています。
見ている人に元気を与えれるような演技をめざしています。
また、もっとたくさんの人にバトンを知ってもらいたいです。
そして、バトンを通じて、日本や世界の人々に元気が伝われば、とっても幸せです。
来年は、オランダで国際大会が開催されます。
高校受験もありますが、日本代表として出場できるよう、がんばりたいと思います。



STUDIO Cat'sEye
TEL:6794-7670  生徒募集中!
毎週水曜日と土曜日に平野区スポーツセンター、瓜破小、喜連北小などで教室を開催しています。
お気軽にお問合せください。
トップページ
Copyright (C) 2005-2008 ひらのの.com. All Rights Reserved.