2008年9月 平野のうどん番外編 “新☆大阪うどん”
お久しぶりぶりの特集 番外編。
何処のお店も本場、讃岐をルーツにしながらも地元地域の人々の口に合うよう工夫されているのがよ〜くわかりました!
自家製麺&自家製ダシにこだわるのは勿論の事「美味くて安いものを提供したい!」という思いは皆さん同じ。
讃岐うどんと大阪うどんのおいしい所取りで出来上がったこれら平野のうどん達は正に言うなれば“新☆大阪うどん”。
さぁ今回の取材で掲載しきれなかった情報を“平野のうどんオンブズマン”としてドド〜ンと公開しちゃいましょう(笑)
桂ちゃん 招福 だいきうどん 十兵衛 六々々屋
“桂ちゃん”こと店主の寺田桂治さんに麺の「手打ち」作業を一通り披露して頂きました。
その鮮やかな手さばきに唖然、思わずシャッターを押し忘れそうになるほどに!
運が良ければその見事なワザを目にする事ができるかもしれないので、
お店に行っても桂ちゃんから目を離さずべし!!
釜揚げうどん 桂ちゃん 釜揚げうどん 桂ちゃん 釜揚げうどん 桂ちゃん
「宵ごね」し、一晩ねかせ熟成させた生地を均一にムラ無く延ばし・・・
釜揚げうどん 桂ちゃん 釜揚げうどん 桂ちゃん 釜揚げうどん 桂ちゃん
「角出し」という作業で生地を四方に延ばし・・・ あっという間に生地が“四角”にっ!
釜揚げうどん 桂ちゃん
生地を折りたたんで手際よく切っていくと・・・
釜揚げうどん 桂ちゃん 釜揚げうどん 桂ちゃん
打ち立ての太麺が完成!
丁寧に湯掻き・・・
釜揚げうどん 桂ちゃん
6790-1555
長吉長原東3-1-68
http://www.keichan-udon.jp/
kamaage@keichan-udon.jp
湯掻き立てにて「豆だぬき」の完成!
正にコンセプトにある“うどんの三立て”(打ち立て・切り立て・茹で立て)を目の当たりに!
YouTubeにも手打ち一連の模様がUPされているようなので一度ご覧あれ!!
http://jp.youtube.com/watch?v=6UexMqwRri0
手打ちうどん・そば 招福 「こだわり、こだわりとお客さんに押し付けがましい事はしたくない」と店主の森田さん。
「普通に安くて美味しいものを提供するだけだから。
シンプルやろ?(笑)」とも話してくれました。
と言いつつも、麺やダシについての話になると「ダシは何処にも負けへん!」と力強いお言葉。
数種類のカツオをブレンドした秘伝の自家製だとか。
またオーダーが入ってからの調理なのでしばしお時間を頂く事になるそうですが、満腹ならぬ“満福”の為ならきっと待てるよねっ!
店主の森田さん。
撮影時、奥様に「左肩上がってるからもう少し下げて!」
言われておりました・・・。
まだ少し上がってるような(笑)
手打ちうどん・そば 招福
手打ちうどん・そば 招福
6790-3824
平野南1-12-27
「上鍋焼」のドアップver.
具材は天ぷら・しいたけ・竹の子・鶏肉・お揚げさんと具だくさん!
天ぷらの海老は揚げ立てプリップリ!!
だいきうどん 社長自ら現場に立ち、STAFF達と共に汗を流す中辻社長は平野生まれの平野育ち、生粋の平野人。
「STAFFの元気の良さに元気付けられた」なんて話もあるぐらい。
「毎日でも食べられる、飽きのこない味を目指しています」とあって一人でも大勢でも入りやすいお店。
また夜のメニューとして各種鍋料理も人気だとか。
質(味)・量・価格ともバランスの優れた庶民の味方であります。
中辻社長(手前右側)と
流町店STAFFの皆さん
さてここで問題です。
こちらの写真は誌面ver.と微妙に違います。
さて違いはどこでしょう(笑)
答えは10月1日定期更新時に発表します!

*画像はクリックで拡大表示されます
だいきうどん
流町店の入口付近からの店内ショット!
だいきうどん

「ざるうどん」麺のドアップver.
だいきうどん
流町店
6702-1311
流町3-20-1

長原店
6702-2230
長吉長原3-16-10-1F

瓜破店
6790-3851
瓜破東2-5-1
http://www.kawachi.zaq.ne.jp/daikiudon/
麺は自家製手打ちの太麺。
うどん屋さんの朝は早い!
どこのお店もそうでしたが店主の岡畑さんは毎朝5時から仕込に入るのだとか。
店内での飲食時間はPM4:00までと閉店時刻を早めに設定しているのは自身の体調管理も兼ねているのだと言います。
「長く続けるにはやはり自身が健康でなければなりません」と岡畑さん。
「自分が健康であれば、ウチのメニューがヘルシーだって証明できるワケですから」とも!
店主の岡畑さん。
武骨な見た目とは違って(失礼!)
優しい語り口がとても印象的でした!
自家製の巻寿司・ちらし寿司も店頭に並ぶ。
岡畑さんが修行していたお店でも販売していた
そうで師匠譲りの味なのだとか。
手打ちうどん 十兵衛
6707-5080
瓜破2-1-13
http://www.udonya.co.jp/
jubei@cello.ocn.ne.jp
「和風ちゃんどん」の全貌ショット!
なんかイイ感じに
撮れたので(笑)
06年5月号特集ページ「HIRANO SHOP COLLECTION 06SPRING/SUMMER SUPPORTED by 平野の商店街」にて弊誌へ初参戦してくれた六々々屋さん。
今回、満を持しての2回目の登場と相成りました。
今秋、全興寺近くの路地に入ったあたりで新店舗をオープン予定。
お茶屋さん(カフェ?)のようなカンジになるのだとか・・・。
誌面には掲載できなかったオススメの「かやく御飯」を当サイトにて公開しちゃいます!
サンアレイ商店街にお立ち寄りの際は是非食べてみてねっ!!
店舗外では自家製のお惣菜や
おにぎりを販売。
ドライブスルーならぬ
“チャーリースルー”(自転車)でいかが?
オーナーの徳永さん(左)は店長 菊池さん(右)の
弟さんでもあります。
撮影の際「夫婦みたいに見えたらイヤやなぁ〜」と
徳永さん。
夫婦みたいに・・・見えます(笑)
これが噂の「かやく御飯」の全貌ショットだっ!
六々々屋
6791-5644
平野本町4-7-5
単品+100円となります。(ぶっかけうどんセット¥780)

<戻るトップページ